いざと言う事態でも出来るだけ慌てずに!大規模災害のための備えが左右する

この国は地震大国と言われます。

いったいいつ襲ってくるのか現時点では予言が出来ないからこそ、自分自身のいつもいる所にきちんと整えた防災の準備を怠らなければ、非常時であっても心細さ等を抑え、大事な身内を救う事も可能です。食糧の蓄えは大切ですが、水ですとか火が用意出来ないと口にできないようでは片手落ちになります。

なるべくすぐに口に出来る災害時用食料品を厳選し、こつこつ溜める様にしましょう。

買ってから賞味期限まで放っておく事は避けて、ローテーションで時折食べる様にして補給する形にしましょう。

勤務先あるいは住居などにある調度品に関していま一度点検し、倒れ込みを予防するためのアイテムを設置したり業者が手掛ける耐震改修などを事前減災と呼びます。

早めに調べてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です